2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.30 (Sat)

2週連続「クリエイティブ子育て&親子の絆を作る」 表現アーツワークショップ・第1週目【バンクーバー日系家族会Twinkle Stars活動 ⑥】

発達障害児/者をもつ家族のための日系サポートグループ「Twinkle Stars」主催セミナー
「表現アーツワークショップ 」を開催させていただきました。

今回も 「日本総領事館」様に後援をしていただき、
「バンクーバー新報」様 & 「月刊ふれいざー」様にメディアスポンサーとして
告知をしていただきました。ありがとうございました。

バンクーバー新報9月号
バンクーバー新報9月号

ふれいざー9月号広告
月刊ふれいざー9月号

場所は、いつもの通り、スポンサーになっていただいている
DDA(Developmental Disabilities Association)のKasloオフィス。
IMG_8710.jpg

DDAには、いつもスナック&ドリンクもご用意いただいてます。
ありがとうございます!
Food_201710092147481f5.jpg


今回のワークショップは、「2週連続 + お子さんも一緒」という初めての試み!
第1週目は、親御さまのみ
クリエイティブ子育て〜想像して想像する、表現アーツで生きる力を育む〜
育児に悩みはつきもの。表現アーツを通して、様々な角度から自分を発見・再確認。より「わたし」らしい子育てをクリエイト。育児は育自。クリエイティブ子育ては「親の生きる力・心と繋がることの大切さを学び、子供の成長をサポートする力に変えていく」育自をサポートするワークショップ。

第2週目は、親御さまとお子さま
クリエイティブ子育て〜想像して想像する、表現アーツで生きる力を育む〜
五感をフル活用しながら、1週目で学んだ表現アーツを通して、お子さんとコネクト!様々な体験型ワークを通して、親子のつながりを作ってゆくワークショップ。


・・・というコンセプトで開催させていただきましたが、私自身、表現アーツはほとんど初体験!どういうものなのか・・・もあまりわかってなかったので、興味津々でした。


9月30日・第1週目

まずは、講師・加藤夕貴さんからご挨拶と大まかな表現アーツの説明を。
IMG_8640.jpg

身体を動かすウォーミングアップ。輪になってただ歩ていると思いきや。。。「『自分の歩き方・親となってからの歩き方・子供時代の歩き方』と、3種類異なる歩き方をイメージして歩いて」との夕貴さんからの指示。へー歩き方って、年齢や状況によって異なるもんなんですね。そんなの意識したことがなかったです。
IMG_8645.jpg

今度は、自分の名前を言いながら、「自分」を身体で表現。それを他のみんなも真似して、シェアしていきます。
IMG_8650.jpg
IMG_8652.jpg

次に、「自分」のイメージを自由に画用紙に描いて、「自分」を表現する5つの言葉を書き出します。
IMG_8653.jpg

他の人とシェアして、各々感想を語り合います。
IMG_8661.jpg

「自分」のイメージを具体的な絵と言葉でイメージをした後で、夕貴さんは、「Happy Dreamer」という絵本を紹介。「Happy Dreamerとはどういうものなのか。自分になることは、どれほど素晴らしいことなのか。」を教えてくれます。
IMG_8692_20171009231054164.jpgIMG_8668_201710092339089d0.jpg
IMG_8671.jpg

「Happy Dreamer」のコンセプトを理解したところで、今度は、「どんな Happy Dreamer がいるのか・・・」を作品で表現していきます。紙を破ったり、丸めたり、色を塗ったり。。。
IMG_8676.jpgIMG_8681.jpg

作品の発表!
IMG_8685.jpg

今一度、輪になって、綺麗な虹色をした毛糸が登場。今度は何をするのかな。。。と思っていると。。。「自分の好きな事」を発表しながら、同じモノを好きな人がいたらその人と毛糸を通してつながっていくんですよね。そうすると、どうでしょう。最後には、こんな感じに。「あぁ、人って、みんなつながっているんだなぁ~」って感じましたね~
IMG_8697.jpg

そして、第一週目の最後は、親である「自分」と子供を<コネクト>する作品を作って、他の人とシェア。
IMG_8701.jpgIMG_8704.jpg

みなさん、それぞれの個性溢れる作品となりました!
IMG_8689.jpg


第一週目を終えて、参加して下さったみなさんからの感想です。

子供の作品を見るだけで、普段は自分ではアートをしないので、新鮮だった。

知らず知らずのうちにゴールを決めてしまうので、ゴールを決めずに自由にやるのもいいと感じた。ただ、子供は発達障害児をなので、子供にとって学校のアートの授業中に完全に自由にさせることは果たしていいのか。。。「自由(創造性)」と「ある程度のルールを守ること」のバランスをどう取るのか。。。親として悩む。

子供の見てる前で、親もアートをやっているのはいい事だと気がついた。

自由な課題を出されると、何を作ったらいいのか。。。が分からない。

別のアプローチがあるのかな。。。って気がついた。

大人になると、加工してしまったり、編集してしまったりするので、「ありのままを表現する」意味で、あくまでも子供目線で取組むのが大切だと思った。

今までは、「桜の花びらがひらひら舞っている様子」を子供が見て、「あ、チョウチョだー!」と言うと、「あれは、桜の花びらだよー」と訂正してしまっていたけど、子供の想像性を重視する視点では、「そういう表現もありなのかな。。。」と感じた。

大人になってからのアートは、簡単なようで難しい。

つい頭で考えてしまうので、解き放つのが大切。日々がクリエイティブでいい。

大人になると、どうしてもある程度の「枠」がある方が安心してしまう。でも、アートは、その「枠」をはずすのが大切。どこまで自由度を広げていくのか・・・バランスが大切。



皆さんからの感想を伺って、私自身も「そういえば、アートって、大人になるとやる機会がないな。。。」って気がつきました。特に、発達障害児を育てている親御さんは、日常生活に追われてしまっているので、アートだけでなく、他のいろいろな趣味さえもなかなか楽しむ余裕がないんですよね。

でも、こうやって、たま~にでもやってみることで、アートを通して、自分自身に開放的になれたり、本来の「自分」と<コネクト>することができたりするんですよね!

さて、次回は、いよいよお子さんとのコラボのワークショップ!
すごく、楽しみです!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
 にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
04:29  |  バンクーバー日系家族会Twinkle Stars  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tampoppo.blog.fc2.com/tb.php/275-be0f15dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。