2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017'05.09 (Tue)

カナダBC州の政府選挙 1--障害者福祉との関わり

いよいよ今日、カナダBC州の政府選挙が行われますね。
votes1.jpg

今回は、「BC Liberals(自由党)・BC NDP(新民主党)・BC Green Party(BCグリーン党)」の3党の闘いです。
votes5.jpg

カナダの国籍がない人は、そもそも選挙権がないので、「私には選挙は関係な~い」と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。政権がどこの党になるのかによって、公約も違います。

まぁ、公約の実行は必ずしも確約されていないので、どれくらいの公約が守られるのか…は不明ですけどね。

でも、障害者福祉関係だけ見ても、今まで存在した支援が突然打ち切られたりすることもあるので、選挙の結果が私達の生活に密接に関わってくることは確実です。

例えば…去年2016年の1年みても、こんな大きな変更がありました。

10月には、低料金で1年間有効な定期券を発行することで、障害者の活動範囲を広げることを支援してきた「Disability bus pass program」が廃止に。障害者福祉団体や家族によって、BC州各地で継続を要請する署名活動やデモが起こる結果になりました。
(出かける度に交通費がかかるようになってしまったので、うちもめっきり活動範囲が狭まってしまいました)
詳細は、こちら

12月には、2005年から継続されていたNPO自閉症支援団体「ACT(Autism Community Training)」への政府からの助成金が突然カットされることが発表されました。これによって、今までACTによって行われていた親御さんへの情報提供やサポートサービスは、政府が行うことになります。自閉症に関する様々なイベントの高額な参加費も、低所得者の親御さんにはACTが支援してくれていたのですが、政府からの助成金カットにより、それも困難になるとのこと。
(政府が責任をもって仕事をしてくれればいいんですけどね。なんせお役所仕事なんで、スピードは遅いだろうから、待ち時間が長くなることが予想されます。しかも、自閉症の親が運営しているACTと比べ、現状をどこまで政府が把握しているんでしょうねぇ。。。)
詳細は、こちら

上記に加え、「特殊教育への政府からの助成金も年々カットされているので、それまでも決して十分でなかったインクルーシブ教育が崩壊しつつある」というのは、先日このブログでもお伝えしましたね。

このように障害者福祉に対して好ましくない政策を次々と打ち出していっているのが、上記の写真中央のこの人。
votes2.jpg

モチロン、この人だけの仕業ではないでしょうけど、
障害者福祉を重要視していないのは明白です。

BC Liberalsだけには、勝ってもらいたくないなぁ。。。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
 にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
16:37  |  ■カナダ(バンクーバー)情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tampoppo.blog.fc2.com/tb.php/264-932a825d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |