2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016'12.16 (Fri)

東田直樹さんのドキュメンタリー「自閉症の君が教えてくれたこと」

著書「僕が跳びはねる理由」で世界のベストセラー作家にになった
東田直樹さんのドキュメンタリーが、最近、NHKで放送されました。
higashida.jpg

これは、2年前の2014年に放映され、
芸術祭ドキュメンタリー部門大賞、イタリア賞特別賞などを受賞した番組
君が僕の息子について教えてくれたこと 」の続編です。

東田直樹さんをご存じない方のために…
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。(オフィシャルブログサイトより)


直樹さんが幼い頃からお母様の助けを借り、
言語を習得していった療法「FC(Facilitated Communication)が
エビデンス(科学的根拠)が無い」という理由で、
専門家(特に ABA「Applied Behavior Analysis:応用行動分析」の専門家)の中には、

単純に「ABAじゃないからインチキだ!」
とか
「お母さんとかが何か介助しているトリックがあるのでは?」
とか、
異議を唱える方々もいます。

しかし、一方で、同じABAの専門家であっても、療法の種類にこだわらず、
直樹さんの作家としての才能を尊敬し、
直樹さんの表現力豊かな言葉に感動を覚え、
直樹さんのことを語る方々もいるんですよね。

私が参加したいくつかのワークショップでも、ABAのトピックだったのに、
直樹さんの本が紹介されてビックリしました。
日本人だけじゃなく、カナダ人の専門家も!

私は、別にFC療法推奨派ではないですけど、
直樹さんの言葉には人を魅了する不思議な力があると感じてます。

今回のドキュメンタリー「自閉症の君が教えてくれたこと」は、
作家として成功を収めた直樹さんの現在と、
直樹さんの著書「僕が跳びはねる理由」を英訳した
アイルランド在住の作家デイヴィッド・ミッチェル氏の交流を追っています。

「自閉症の君が教えてくれたこと」の中で、私が感心したのは…
自身も自閉症の息子を持つミッチェル氏が直樹さんに、
「息子になかなか友達ができないので、どうしたらいいか」と
アドバイスを求めた時の直樹さんの回答。

直樹さんは、ミッチェル氏に尋ねます。
「僕には友達がいない。僕のことは不幸に見えますか?」

Wow! 直樹さん、すごーい!!
ナイス回答!!

その他、いろいろな心に響く言葉を語ってくれてますよ~
直樹さんの今後の更なる活躍を願ってマス!

naoki.jpg

動画→【9TSU】 【PANDORA
※削除されちゃったら、ごめんなさい。

【関連サイト】
東田直樹オフィシャルサイト
東田直樹オフィシャルッブログ


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
 にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
06:20  |  ■つぶや記 (日記)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tampoppo.blog.fc2.com/tb.php/261-bfa18f50

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |