2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.25 (Thu)

UBC病院の発達障害者向け歯科手術案内書を作成することに! 【世直しプロジェクト②-2】

2015年3月12日に息子が経験した 「UBC Hospital」 での歯科手術。
IMG_5355.jpg 

息子にとっては人生初めての手術。
場所は、カナダBC州を代表する大学病院。
医療施設もさることながら、
技術だって、患者への対応だって超一流であることを期待してました。

なのに、なのに、実際は・・・
発達障害についてあまりにも無知すぎる医師&看護師。

あまりの現状の悲惨さにショック 
※何が起こったか詳細は・・・過去の記事のこちらをご覧ください

帰宅してすぐに、
UBC Hospital のクレーム処理部署に状況報告&問題指摘。
タイミングよくカナダ人ママやっていた
発達障害者専用 歯科設立プロジェクト」に便乗~~!!

ここまでが前回にあったこと。
あれから、早いもので、3か月が経ちました。

この3か月間、数えきれないほどのメールのやり取りを重ね、
最終的に、病院の代表者とのミーティングに。

UBC Hospital と Vancouver General Hospital 両病院から
担当医をはじめ、麻酔科の医師代表、看護師代表が出席してくれて、


 何が問題だったのか?
 どうしたら改善できるのか?
 万が一、同じ問題が起こったらどうするのか?

・・・を、とことん話し合いました。

クレームをした甲斐があって、
前回はいくら事情を説明しても協力的でなかった施設の写真撮影を許可。
特別に、一般には入れない手術室までも紹介してくれました。
IMG_6103.jpg  


そして、なんとも凄いオファーを受けてしまいました!

UBC Hospital と Vancouver General Hospital では
このような案内書が歯科手術を受ける患者に配られています。
IMG_6158.jpg 

■ 手術の前に注意しなければいけないこと
■ 「麻酔」とはどういうものなのか
■ 鎮静剤使用の流れ
■ 麻酔後のケア
■ 手術後の注意点&痛みのコントロール

などが記載されているのですが、
もちろん、その中身は、このように文字だらけ。
息子のような自閉症者が理解できるわけがありませんよね。
IMG_6160.jpg 

この案内書を発達障害者向けに作ってくれないか・・・
とのオファーを受けたのです!

元々こちらからお願いしたいと思っていたこと。
もちろん、二つ返事で了解しましたよ~~

でも・・・快諾したものの、私一人じゃできません。

発達障害といっても、いろいろなタイプや症状があり、
レベルも軽度から重度を千差万別。
歯科手術をする全ての発達障害の患者に適した案内書を作成するのは不可能です。

それをいかに多くの人達に理解してもらえるような内容にするのか・・・
ここが問題です。

本当に大きなプロジェクトですが、様々な専門家のお力を借りて、
これからコツコツ取り組んでいきます!


次回の息子の手術は、7月16日に決定。
さて、どうなることやら。。。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

02:36  |  世直しプロジェクト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tampoppo.blog.fc2.com/tb.php/219-04287957

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。