2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015'03.20 (Fri)

ご協力下さい!発達障害者専用 歯科設立プロジェクト 【世直しプロジェクト②】

2015年3月12日に息子が経験した
BC州を代表する大学病院 「UBC Hospital」 での歯科手術。

帰宅後早速、UBC病院の
「Nurse Care Co-ordinator」 と 「Patient Care Co-ordinator」に
状況報告&問題指摘するメールを送りました。

早速、マネージャーから返事をもらい、
ミーティングを持つ約束を交わしました。

しかし、ミーティングを持ったところで、
何が具体的に変わってくれるのでしょうか?

病院側は私に謝罪をするでしょう。
次回の手術日には、もう少し良い環境で息子を扱ってくれるかもしれません。

せいぜいこの程度でしょう。
私の希望は、病院のシステム全体を変え、
医療従事者の障害者に対する理解と対応を変えること
です。

それには正直、どうしたらいいのか・・・途方にくれていました。

何の地位もない一個人の親である私が
権力の固まりであろう大学病院を相手にいったいどうやって闘ったらいいのか・・・

悩みに悩んでいたら、こんなプロジェクトを知りました!
0fba6e30-ce4c-11e4-b6dc-11e0d849891a_3-19-2015-11-21-31-AM.jpg 

「発達障害者専用 歯科設立実行」に向けての署名活動です。

しかも、舞台は同じ 「UBC Hospital」 
更に、活動をしているのは、Joan Rush という方。
UBCの法学部の元先生だそうです!

なんという偶然なんでしょう!
まさに、神様からのプレゼント 

リタイアした弁護士で自閉症児の親でもあり、
彼女の息子さんも10年前に私達と似たような経験をされたそうなんです。

先日の記事の文末で、
他の自閉症者も、息子と同じような扱いをしているのだとしたら、
それこそ大問題。
と書いた私の不安が的中してしまいました。

やっぱり、犠牲になっていたのは、息子だけじゃなかったんですね。
もうこれは放っておけません。

早速、Joanにコンタクトを取って、息子の話をすると
この10年間、何も変わってない現状にショックを受けられ、
現状を変えるために、一緒に闘ってくれることになりました。

そこでお願いなのですが・・・

このブログをご覧下さっているみなさん、
彼女の署名活動にご協力下さいませんでしょうか。

カナダだけでなく、
日本にお住まいの方も
アメリカにお住まいの方も大歓迎です。

署名参加方法は、次の通り。

 まずは、このページにアクセス
1_20150321182737a66.jpg 

 スクロールして、下記の部分をクリック
ど  

 事前にメールの登録手続き
   ※セキュリティーを気にされる方は、
            一時的に使用可能な棄てメールをご利用下さい


 「User Activation」という題名の‏メールが届きます。

 メールの本文にある青字部分をクリックして・・・
  「Simply click the link below and sign in. Verify Now

 名前をタイプして署名完了!!


署名は、3月末で締め切りになりますので、ご注意を!

もうすでにカナダのYahoo Newsでは取り上げてくれていますが、
近々、私の息子のケースも地元メディアで記事にしてもらいます。

私にどれくらいのことができるのか・・・わかりませんが、
出来る限りのことをやっていきたいと思いますので、
協力をしていただければ幸いです。

進展があり次第、ご報告させていただきます。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
 にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

00:07  |  世直しプロジェクト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tampoppo.blog.fc2.com/tb.php/199-512e771b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |