2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2015'02.02 (Mon)

「SET-BC」とは・・・?

SET-BC (Special Education Technology British Columbia) は、
BC州文部省(Ministry of Education)の制度。
braille-sense-module-6-understanding-the-menu-set-bc-1-728.jpg 

主に下記の障害があるために、
学校のカリキュラム参加が著しく制限されている生徒を対象とした支援です。
  • 自閉症
  • 身体障害(OR 慢性の健康障害)
  • 視覚障害
  • 聴覚障害
  • 中~重度知的障害
具体的には・・・

「リーディング・ライティング・コミュニケーション」
をサポートする技術(iPad と アプリ)を貸出ししてくれたり、
6660144783_e58c592fbd_m.jpg 
(Image:by flickingerbrad CC BY-SA 2.1 JP) 

「その療育教材を実際にどのように使用していくのか・・・」
を生徒本人と教師に教えるトレーニングをしてくれたり、
といった支援をしてくれます。
4776132346_b99345eca6_m.jpg 
(Image:by robynejay CC BY-SA 2.1 JP) 

つまり、対象者になれば、自分で購入しなくても、
iPad と 専用療育支援アプリを無料で貸してくれるのです!!

なんとも有難い支援制度ですが、残念ながら、
個人で申請することはできません。

まずは、学校の先生に相談。
「どれほど、我が子にこの支援が必要か!」をアピールします。
  ※カナダでは、こういった交渉スキルが大切なんですよね~

先生が「確かに必要だ!」と判断してくれたら、
学校側が申請してくれるシステムになっています。

申請の流れは、こんな感じ。(クリックで拡大)
sd_chart2.gif 

ただし、申請すれば、誰でも対象になるわけではなく、
申請時の「年間の予算・サポートスタッフの数・地域の合計申請児数」
によって結果が変わってきます。

誰の目にも必要としているのが明白である児童であっても、
たまたまその地域で申請する他の子どもの数が多いと、
却下されてしまう可能性もあるということなんですね。

一度対象になると、SET-BCが学校のサポートチームと協力して、
生徒の学習目標と現在の支援内容が適合しているのか・・・
を毎年チェック!
アフターケアも万全です。

平均で、サポート継続期間5年を過ぎると、
学校側は新しい療育機材やアプリをリクエストして、アップデートするよう。

対象となるのは、義務教育期間の高校卒業時の18歳まで。
申請してから結果が出るまでに、
かなりの時間(6カ月くらい)かかるそうなので、一日も早く申込を~


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
 にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
23:25  |  助成/支援  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tampoppo.blog.fc2.com/tb.php/183-f1c318c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |