2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014'10.17 (Fri)

システム統一交渉 いざ、銀行支店へ! 【Joint Account 口座開設奮闘 ⑥】

 「私と銀行の奮闘」の最終章!

ジョイントアカウント(共同名義口座)開設で、最寄りの銀行に行ったのが「4月26日」。
そこから、いろいろな経緯 を経て、無事に口座開設を終了できたのが「9月2日」。

それでも、どうしても、「口座開設方法が銀行間や支店間で統一されていない」
のを放っておけなく、周辺銀行を調査

あぁ~~~ここまで、6カ月、長い道のりでした。
たかが、銀行で、息子の口座開設をしたかっただけなのに。。。。ねェ。。。

さぁ~今日は、ついに、最初のTDカナダ銀行の支店に行って、
「口座開設システムの統一」を直訴してきました!

支店長が緊張の面持ちでお出迎え。
私としては、出来ればロビーで堂々とプレゼンして、他のお客さんにも
「こんな理不尽な扱いをされた事実」を観てもらいたかったんですけど、
頼んでも願い叶わず、個室に案内されちゃいました。

直接話しをしてきた担当者の同席を求めてきましたが、それも叶わず。
この支店長が「どの程度、私の状況を把握しているのか・・・」が不明で、
なおかつ、「担当者に優位になるように、話を脚色されている」場合もあるので、
状況を一から説明。

やっぱり、担当者の説明と食い違っているところが。。。

誤解を解きながら話をしていても、最初、支店長は、
   「担当者の接遇態度には、なんら不備はなかった」
   「担当者が案内した情報は、正しかった」
の一点張りでした。

そこで、すかさず私が
   「じゃあ、私のように、障害児を抱えている親御さんが来店して、
   ジョイントアカントを開こうと思ったら、みなさんに同じ対応をしているんですね?」
と聞くと、YESとの答えが。

さらに私が(これは、ひっかけで)
   「他のTDカナダの銀行も、同じ口座開設システムをとっているんですね?」
と質問すると、またYESとの答えが。

はい、待ってましたぁ~~~
この答えを導き出したかったんですよ~~~
(私って、意地悪ね。。。

私は、まるで、水戸黄門が印籠を出す時のように、ジャジャーン!
IMG_4823.jpg 
取材した銀行からの証拠を提示。

「可笑しいですね。私が取材した他のTDカナダの支店、他の銀行では、
『親と子どもの2種類のIDさえあれば、すぐに口座開設できる』 と案内されましたよ」
と一言。

すると~、すると~、
コロ~~~っと、態度が変わりました!!!

初めて、銀行側のミスであることを認め、正式な謝罪をしてくれました。
頼んでもいないのに、慰謝料ももらっちゃいました。

そして、一番嬉しい事に、
「支店の口座開設システムを統一」
            &
「支店の全社員に障害児のいる親御さんへの接遇改善」
を約束
してくれました!!

ずっと努力してきた甲斐がありました。

これを読んでくれている障害児を抱えているであろう親御さんのみなさん、

もしも、私のような経験を最寄りの銀行で受けてしまったとしたら、
負けないで、正々堂々と、闘って下さいネ。

親と子どもの2種類のIDさえあれば、ジョイントアカウントは開設できます!!
 詳細は・・・「たんぽっぽ -- Joint Account

01:54  |  銀行との奮闘  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tampoppo.blog.fc2.com/tb.php/142-40a5ed20

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |